J-MONITORの活用法-②蓄積データの解析

J-MONITORでは、2014年3月末までに29,082件の個別定型調査を実施しました(参加紙全紙合算)。新聞広告に関するこの貴重なデータについて、広告評価と広告の印象に注目し分析をした結果、広告出稿の目的により、重視すべきクリエーティブが明らかになりました。このポイントは業種によって異なります。下にその分析の一部を紹介します。

広告興味度が高い広告は、化粧品・トイレタリーでは「役に立つ」、住宅では「共感できる」と思わせるクリエーティブ

■化粧品・トイレタリー

■車 両

■不動産・物件

食品の直販は「良い広告を出している」が重要

■食 品

企業広告で信頼を得るには、家電・精密・事務機器では「センスがよい」、流通では「説得力がある」広告

■家電・精密・事務機器

■百貨店・量販店・専門店

日本アドバタイザーズ協会・日本新聞協会 共催セミナー(2014.11.11開催)配布資料より

Page Top

トップに戻る