色指定

色指定について

Illustrator での原稿制作は、以下の点に注意してください。カラーモードはグレースケール、CMYK以外は 使用しないでください。図形や文字の色指定は、新聞印刷での色の再現性を考慮して設定してください。色再現の確認・校正については、M-COMPASSを是非ご利用ください。

■裁ち落とし

裁ち落としは、全て「0mm」に設定してください。

■カラー原稿

CMYKカラーモードを使用してください。

■モノクロ原稿

モノクロはグレースケールモードを使用してください。

単色原稿の制作

CMYKカラーモードを使用し、色版はシアンを用いて指定してください。

●色版用としてC版 ●M版、Y版は使用しない ●墨版用としてK版

透明効果

透明効果を使用した場合、設定によっては期待通りに出力されないことがありますので、透明効果を用いる場合は、左記の設定を行ってください。

■ドキュメントのラスタライズ設定

メニューバー「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果設定」にて「高解像度」を選択してください。

※N-PDF(PDF/X-1a)で制作する場合、ラスタライズ効果の設定に加え、透明部分の分割・統合設定も行ってください。

特殊機能について

■グラデーション

トーンジャンプが発生することがありますので、Photoshopで作成してください。

■パターン、ブラシ

すべてオブジェクトにしてください。

■効果メニューで機能を施したオブジェクト

外枠(バウンディングボックス)をはみ出す可能性がありますのでクリッピングマスクでマスク処理してください。

オーバープリント(ノセ)の設定

カラー上に墨版を載せる場合は以下のように設定してください。

■Illustrator ~CS2の場合

・メニューバー「ウインドウ」→「属性を表示」を選択、「塗りオーバープリント」もしくは「線にオーバープリント」を選択します。

・メニューバー「フィルタ」→「カラー」→「オーバープリントブラック.....」を選択、「オーバー プリントブラックを適用」を選択します。

■IllustratorCS3~の場合

メニューバー「編集」→「カラー編集」→「オーバープリントブラック....」を選択、「オーバープリントブラックを適用」を選択します。

■毎日新聞社RIPでの「ノセ・ヌキ」処理

「白」のオブジェクトについて

白ヌキを作成する場合、「白」のオブジェクトに対してオーバープリントの設定をしていると、印刷再現されません。
また、色網に、ブラック以外のノセを設定している場合も再現されない可能性がありますのでご注意ください。

デジタル送稿

Page Top

トップに戻る