毎日新聞とは

毎日新聞の前身・東京日日新聞が創刊されたのは1872(明治5)年2月21日。現存する日刊紙として最も古い歴史を誇ります。世界に先駆け戸別配達を実施するなど、新聞史に足跡を残すとともに、数々の主催事業を通して芸術や文化、スポーツの普及・発展に寄与し、時代の創造に貢献してまいりました。
これからも、伝え続けてきた歴史と伝統を引き継ぎながら、新しい時代へと挑みます。

毎日新聞社媒体情報「MAINICHI NOW 2021」はこちらから

時代を見つめ、伝え続けてきた149年
時代の創造に貢献してきた毎日新聞社の歩み―

明治、大正、昭和、平成、そして新時代へ

明治、大正、昭和、平成、そして新時代へ
1872年(明治5年) 東京日日新聞(東京で最初の日刊紙、毎日新聞の前身)浅草で創刊
1875年(明治8年) 世界で初めて新聞の戸別配達を実施
1876年(明治9年) 大阪日報創刊
1888年(明治21年) 大阪日報が大阪毎日新聞と改題
1911年(明治44年) 大阪毎日新聞と東京日日新聞が合併、全国紙として第一歩を踏み出す
1918年(大正7年) 第1回全国中等学校フットボール大会(現在の全国高校ラグビー大会)開催
1922年(大正11年) サンデー毎日、英文毎日、点字毎日創刊
1923年(大正12年) エコノミスト創刊
1924年(大正13年) 第1回選抜中等学校野球大会(現センバツ高校野球大会)開催
1931年(昭和6年) 商業美術振興運動(現在の毎日広告デザイン賞)始まる
1932年(昭和7年) 日本音楽コンクール始まる
1936年(昭和11年) 毎日小学生新聞創刊
1937年(昭和12年) 毎日新聞社の大相撲優勝力士掲額始まる
1939年(昭和14年) 本社航空機「ニッポン」号が国産機による初めての世界一周旅行に成功
1943年(昭和18年) 大阪毎日新聞、東京日日新聞の題号を毎日新聞に統一
1945年(昭和20年) 世論調査室を設け、日本で戦後初となる調査を実施
1957年(昭和32年) 新聞協会賞創設。毎日新聞社が受賞
1965年(昭和40年) 朝刊企画「教育の森」スタート
1966年(昭和41年) 東京本社「パレスサイドビル」に移転
1976年(昭和51年) 朝刊企画「記者の目」スタート
1989年(平成元年) 日本の新聞で初めて「容疑者」呼称を採用
1991年(平成3年) 毎日新聞社企業理念制定 新紙面スタート
1992年(平成4年) 大阪本社、堂島から西梅田の新社屋に移転
1996年(平成8年) 全国紙で初めて全記事の原則署名化
2000年(平成12年) 「開かれた新聞」委員会発足
2002年(平成14年) 「毎日かあさん」連載スタート
2007年(平成19年) ニュース時事能力検定試験スタート
2010年(平成22年) 共同通信社、共同加盟の一部地方紙と記事配信などで提携
2011年(平成23年) スポーツニッポン新聞社と持ち株会社を設立
2013年(平成25年) デジタル報道センター(現・統合デジタル取材センター)創設
2015年(平成27年) 電子新聞サービス「デジタル毎日」スタート 毎日新聞紙齢5万号を達成
2016年(平成28年) 東京2020オフィシャル新聞パートナーに「ともに2020」キャンペーンがスタート
2017年(平成29年) 「毎日ユニバーサル委員会」を設置
2018年(平成30年) 企業理念を約26年ぶりに改定
2020年(令和2年) 32回目の新聞協会賞を受賞
2021年(令和3年) ニュースサイトを全面リニューアル 「毎日新聞デジタル」スタート

過去に在籍した著名人

菊池寛

菊池寛
(1919~24年在社)
東京日日新聞に入社。長編小説「真珠夫人」で人気を博した。その後、文藝春秋社を創設。(作家)

芥川龍之介

芥川龍之介
(1919~27年在社)
大阪毎日新聞に入社。数々の傑作を著す一方、海外視察員として中国に行き、紙上に「上海游記」などのルポも発表。(作家)

新渡戸稲造

新渡戸稲造
(1929~33年在社)
本社顧問。33年にカナダで客死するまで英文毎日の監修に尽力。(農学博士・教育者)

井上靖

井上靖
(1936~51年在社)
学芸部副部長、論説委員など。76年、文化勲章受章。(作家)

山崎豊子

山崎豊子
(1944~58年在社)
大阪本社学芸部。
「花のれん」で直木賞。代表作は「白い巨塔」「不毛地帯」「大地の子」など。(作家)

分断の時代だからこそ重要な「ジャーナリズムの力」
社会をつなぐ、言葉でつむぐ

業界トップの取材力

新聞協会賞(編集部門)最多記録を更新中

新聞協会賞32回

日本新聞界のグランプリである新聞協会賞(編集部門)を業界最多の32回受賞しており、2020年度は「『にほんでいきる』外国籍の子どもたちの学ぶ権利を問うキャンペーン報道(」企画部門)が選ばれ、2016年度から5年連続の受賞となりました。
「就学不明」になっている外国籍の子どもの存在を浮かび上がらせた特報は「国籍を問わず教育を受ける権利の拡充を訴え、外国人との共生社会実現に向けて問題を提起する優れたキャンペーン報道」と評価を受けました。

新聞紙面

2020年   キャンペーン報道「にほんでいきる」

2019年 台風21号 関空大打撃
2018年 「旧優生保護法を問う」キャンペーン報道
2017年 ボルトも驚がく 日本リレー史上初の銀
2016年 連続震度7「 奇跡の救出」 など熊本地震の写真報道
2014年 認知症の身元不明者らを巡る「老いてさまよう」の一連の報道
2011年 「力士が八百長メール」など、大相撲八百長問題を巡る報道
「3・11大津波襲来の瞬間」をとらえたスクープ写真
2009年 「無保険の子」救済キャンペーン
2008年 「アスベスト被害」一連の報道
2007年 長崎市長銃撃事件の写真報道
2006年 「パキスタン地震」一連の写真報道
2003年 自衛官募集のための住民基本台帳情報収集に関するスクープ
2002年 防衛庁による情報公開請求者リスト作成に関するスクープ
2001年 「旧石器発掘ねつ造」のスクープ
2000年 「片山隼君事故」から被害者の権利と支援策の確立を追求し続けた一連の報道
1996年 企画「アウンサンスーチー ビルマからの手紙」
1992年 「リクルート ダイエーの傘下に」のスクープと一連の続報
1957~89年 写真「浅沼社会党委員長刺殺される」など14件
1961年度新聞協会賞

1961年度新聞協会賞を受賞した長尾靖記者の「浅沼社会党委員長刺殺される」は、ジャーナリスト最高の栄誉とされるピュリツァー賞を日本人として初めて受賞

毎日ジャーナリズム
総合メディア企業を目指します