毎日新聞とは

毎日新聞の前身・東京日日新聞が創刊されたのは1872(明治5)年2月21日。現存する日刊紙として最も古い歴史を誇ります。世界に先駆け戸別配達を実施するなど、新聞史に足跡を残すとともに、数々の主催事業を通して芸術や文化、スポーツの普及・発展に寄与し、時代の創造に貢献してまいりました。
四つの時代を見つめ、伝え続けてきた歴史と伝統を引き継ぎながら、新しい時代へと挑みます。

毎日新聞社媒体情報「MAINICHI NOW 2019」はこちらから

時代を見つめ、伝え続けてきた147年
時代の創造に貢献してきた毎日新聞社の歩み―

明治、大正、昭和、平成、そして新時代へ

明治、大正、昭和、平成、そして新時代へ
1872年(明治5年) 東京日日新聞(東京で最初の日刊紙、毎日新聞の前身)浅草で創刊
1875年(明治8年) 世界で初めて新聞の戸別配達を実施
1876年(明治9年) 大阪日報創刊
1888年(明治21年) 大阪日報が大阪毎日新聞と改題
1911年(明治44年) 大阪毎日新聞と東京日日新聞が合併、全国紙として第一歩を踏み出す
1918年(大正7年) 第1回全国中等学校フットボール大会(現在の全国高校ラグビー大会)開催
1922年(大正11年) サンデー毎日、英文毎日、点字毎日創刊
1923年(大正12年) エコノミスト創刊
1924年(大正13年) 第1回選抜中等学校野球大会(現センバツ高校野球大会)開催
1931年(昭和6年) 商業美術振興運動(現在の毎日広告デザイン賞)始まる
1932年(昭和7年) 日本音楽コンクール始まる
1936年(昭和11年) 毎日小学生新聞創刊
1937年(昭和12年) 毎日新聞社の大相撲優勝力士掲額始まる
1939年(昭和14年) 本社航空機「ニッポン」号が国産機による初めての世界一周旅行に成功
1943年(昭和18年) 大阪毎日新聞、東京日日新聞の題号を毎日新聞に統一
1945年(昭和20年) 世論調査室を設け、日本で戦後初となる調査を実施
1957年(昭和32年) 新聞協会賞創設。毎日新聞社が受賞
1965年(昭和40年) 朝刊企画「教育の森」スタート
1966年(昭和41年) 東京本社「パレスサイドビル」に移転
1976年(昭和51年) 朝刊企画「記者の目」スタート
1989年(平成元年) 日本の新聞で初めて「容疑者」呼称を採用
1991年(平成3年) 毎日新聞社企業理念制定新紙面スタート
1992年(平成4年) 大阪本社、堂島から西梅田の新社屋に移転
1996年(平成8年) 全国紙で初めて全記事の原則署名化
2000年(平成12年) 「開かれた新聞」委員会発足
2002年(平成14年) 「毎日かあさん」連載スタート
2007年(平成19年) ニュース時事能力検定試験スタート
2010年(平成22年) 共同通信社、共同加盟の一部地方紙と記事配信などで提携
2011年(平成23年) スポーツニッポン新聞社と持ち株会社を設立
2013年(平成25年) デジタル報道センター(現・統合デジタル取材センター)創設
2015年(平成27年) 電子新聞サービス「デジタル毎日」スタート 毎日新聞紙齢5万号を達成
2016年(平成28年) 東京2020オフィシャル新聞パートナーに「ともに2020」キャンペーンがスタート
2017年(平成29年) 「毎日ユニバーサル委員会」を設置
2018年(平成30年) 30回目の新聞協会賞を受賞 デジタル新会社「CYMES(サイムス)」を設立
2019年(平成31年)  

過去に在籍した著名人

菊池寛

菊池寛
(1919~24年在社)
東京日日新聞に入社。長編小説「真珠夫人」で人気を博した。その後、文藝春秋社を創設。(作家)

芥川龍之介

芥川龍之介
(1919~27年在社)
大阪毎日新聞に入社。数々の傑作を著す一方、海外視察員として中国に行き、紙上に「上海游記」などのルポも発表。(作家)

新渡戸稲造

新渡戸稲造
(1929~33年在社)
本社顧問。33年にカナダで客死するまで英文毎日の監修に尽力。(農学博士・教育者)

井上靖

井上靖
(1936~51年在社)
学芸部副部長、論説委員など。76年、文化勲章受章。(作家)

山崎豊子

山崎豊子
(1944~58年在社)
大阪本社学芸部。
「花のれん」で直木賞。代表作は「白い巨塔」「不毛地帯」「大地の子」など。(作家)

分断の時代だからこそ「毎日ジャーナリズム」
責任のあるバランス感覚と多様性―

いつの時代においても、わたしたちの根幹が「毎日ジャーナリズム」であることに変わりはありません。徹底した取材にこだわって事実を伝え、多様な意見を紹介する「毎日ジャーナリズム」は、極論が飛び交い社会の分断が進む現代においてこそ必要不可欠なものだと自負しています。さまざまな価値感を持つ人々から信頼されるメディアであるために、責任のあるバランス感覚のもと、多様な意見やものの見方を発信してまいります。

「論点」や多彩なコラムなど充実のオピニオン面

「論点」や多彩なコラムなど充実のオピニオン面

有識者らの多様な視点を紹介し、考えるためのヒントをお届け

話題のテーマを一つ選び、立場や視点の異なる複数の識者の見解を紹介する「論点」や、日本を代表する論者が書き継いできた「時代の風」をはじめとした多彩なコラムを通して、幅広い知識や多様な考え方、ものの見方をお伝えします。

「記者の目」を皮切りとした署名記事

「記者の目」を皮切りとした署名記事

社論にとらわれず、多様な主張や見解を発信

看板コラム「記者の目」。名前と所属部署(掲載1年後からは顔写真も)を掲載したうえで個人としての主張や提案をするだけでなく、時には記者同士が意見をたたかわせながら読者ととに考えるという新しい報道の形を打ち出しました。その後、取り組みをさらに進め「記事の原則署名化」を実現。独自の視点での自由な取材活動を重視しています。

「スペシャルリポート」

「スペシャルリポート」

ニュースサイト独自の記事や個性豊かなコラムを発信中

海外特派員を中心とした有志が独自情報を発信する「スペシャルリポート」。指示やノルマは一切なく、現場の記者が「書きたい」と思ったことを写真や動画とともに発信しているので、時には記者の生活や素顔が垣間見えることも。紙面という制約のない情報発信ツールのメリットを生かした、読み応えのあるリポートばかりです。

「開かれた新聞」委員会

「開かれた新聞」委員会

新聞界初の第三者委員会を設置

2000年、自らの報道をチェックする姿勢を示すために、新聞界初の第三者委員会を創設しました。毎日新聞の編集局から独立した第三者機関として、社外の複数の有識者が毎日新聞の記事やデジタル報道についてさまざまな指摘を行っています。毎日新聞に続いて他の新聞各紙も同様の第三者委員会を設置するようになりました。

幅広く活躍する論客

福本 容子(ふくもと ようこ)

福本 容子(ふくもと ようこ)
論説委員。
社説やコラムなどを担当。国際経済・金融のエキスパートで、TBS『ひるおび!』のコメンテーターとしても活躍中。

元村 有希子(もとむら ゆきこ)

元村 有希子(もとむら ゆきこ)
編集委員。
『理系白書』などの活動で第1回科学ジャーナリスト大賞受賞。TBS『新・情報7days』などでコメンテーターとしても活躍中。

与良 正男(よら まさお)

与良 正男(よら まさお)
専門編集委員。
長く政治取材に携わり、現在は社説やコラム『熱血!与良政談』などを担当。
TBSテレビ・ラジオやMBSでコメンテーターを務める。

松田 喬和(まつだ たかかず)

松田 喬和(まつだ たかかず)
客員編集委員。
本紙にて「松田喬和のずばり聞きます」を連載中。著書に「田中角栄と中曽根康弘」(共著:毎日新聞出版刊)など。

業界トップの取材力

新聞協会賞(編集部門)最多記録を更新中

新聞協会賞30回

日本新聞界のグランプリである新聞協会賞(編集部門)を業界最多の30回受賞しており、2018年度は「旧優生保護法を問う」キャンペーン報道が選ばれ、2016年度から3年連続の受賞となりました。基本的人権の尊重をうたった日本国憲法下で、国家が半世紀近くも障害のある人々に不妊手術を強いた、究極の人権侵害をあぶり出した一連の報道で、闇に葬られていた実態に光を当てました。国に被害者の救済と責任の明確化を求める報道は今後も続けていきます。

新聞紙面

2018年  「 旧優生保護法を問う」キャンペーン報道

2017年 ボルトも驚がく 日本リレー史上初の銀
2016年 連続震度7「 奇跡の救出」 など熊本地震の写真報道
2014年 認知症の身元不明者らを巡る「老いてさまよう」の一連の報道
2011年 「力士が八百長メール」など、大相撲八百長問題を巡る報道
「3・11大津波襲来の瞬間」をとらえたスクープ写真
2009年 「無保険の子」救済キャンペーン
2008年 「アスベスト被害」一連の報道
2007年 長崎市長銃撃事件の写真報道
2006年 「パキスタン地震」一連の写真報道
2003年 自衛官募集のための住民基本台帳情報収集に関するスクープ
2002年 防衛庁による情報公開請求者リスト作成に関するスクープ
2001年 「旧石器発掘ねつ造」のスクープ
2000年 「片山隼君事故」から被害者の権利と支援策の確立を追求し続けた一連の報道
1996年 企画「アウンサンスーチー ビルマからの手紙」
1992年 「リクルート ダイエーの傘下に」のスクープと一連の続報
1957~89年 写真「浅沼社会党委員長刺殺される」など14件
1961年度新聞協会賞

1961年度新聞協会賞を受賞した長尾靖記者の「浅沼社会党委員長刺殺される」は、
ジャーナリスト最高の栄誉とされるピュリツァー賞を日本人として初めて受賞

毎日ジャーナリズム
総合メディア企業を目指します

それぞれの紙面、コーナーに毎日新聞の"顔"があります

気になるニュースの解説やくらしの素朴な疑問に答える情報に加え、固定ファンを持つ連載コーナー、投稿コーナーなど「顔の見える新聞作り」を目指し、読者の「もっと知りたい」「もっと読みたい」に迫ります。

くらしナビ

くらしナビ面は衣食住や健康、お金、働き方など、日々のくらしに役立つ情報をわかりやすく伝え、特に40代以上の女性を中心に人気の紙面となっています。また、「人生100年時代」を迎え、仕事や育児を卒業した後の長い第二の人生を過ごす人がますます増えてきますが、そんなシニア世代が知りたい情報もたっぷり届けます。

くらしナビ
女の気持ち 男の気持ち
1954年から毎日続く長寿看板コラム。家族や友人との心温まるエピソード、ちょっと笑える話、時には世相批判・・・女性読者の本音が満載。たまに『男の気持ち』も登場します。
女の気持ち 男の気持ち 紙面
くらしナビ面接触率
人生相談
進路や恋、職場の人間関係といった悩みに答える「人生相談」。作家の高橋源一郎さんなど5人の回答者が交代で登場し、時に厳しく時に温かく、悩める人の心を包みます。
人生相談 紙面

仲畑流万能川柳

1991年からスタートした川柳投稿コーナーで、選者はコピーライターの仲畑貴志さん。「キマリのないのが、唯一のキマリ」と宣言し、その自由さで新たな川柳ブームを巻き起こしました。社会や世相についてのユニークな川柳が寄せられ、ファン同士の交流も盛んです。

仲畑流万能川柳

日曜くらぶ 日曜版別刷り

日曜日にゆったりと読んでいただくことを意識して紙面づくりを行った小説やコラムなど読み物中心の別刷りです。2018年10月に1面を5年半ぶりにリニュアルし、「仕事の現場」がスタートしました。舞台の楽屋や美術館のバックヤードなど気になる「あの人」の息遣いが伝わる仕事場を紹介します。

東京・北海道 【判型】ブランケット判 8ページ
大阪 【判型】ブランケット判 8ページ
(一部地域はブランケット判 4ページ)
中部・西部 【判型】ブランケット判 4ページ

※東京・北海道エリアと大阪エリアはページ数は同じですが紙面編成が異なります。

日曜くらぶ 日曜版別刷り
名物書評「今週の本棚」をはじめとした充実の読書関連面

書評委員による合議ではなく、委員一名の推薦で自由に新刊を紹介できる制度をとっているのが特徴。作家や大学教授などバラエティーに富んだ書評委員が、「独断と偏見」で選んだ本についてそれぞれ熱のこもった書評を書いています。書評1本あたりの長さも1500字程度、大型書評では2000字以上と一般的な新聞書評と比べてもボリュームがあり、読み応え抜群です。

紙面

書評執筆者は池澤夏樹、磯田道史、鹿島茂、川本三郎、斎藤環、養老孟司の各氏をはじめとする豪華メンバー。南伸坊さんのイラストも好評です。

質問 なるほドリ

毎日新聞朝刊「質問 なるほドリ」に毎日登場する、読者にはおなじみのキャラクター。日々のニュースの背景、今さら聞けない素朴な疑問を読者に代わってズケズケ質問。記者から納得の回答が得られると「なるほドー!」と鳴きます。さらに国際面での『なるほドリ the World』や、経済面で“なるほドリーマン君”が登場する『サラリーマン1年生 読みトク!経済』など、さまざまな場所で登場しています。

質問 なるほドリ 紙面