広告事例

新聞社の持つ「総合力」を利用する
企画や取材ネットワーク、イベントから印刷、配達網まで、有形・無形のリソースは多岐にわたります

マルチ展開

インパクトのある大型スペースから、記事中のコンパクトなスペースまで紙面の広告スペースをすべて利用した注目率の高い読み応えのある広告企画です。

テーマについて深掘りするメディア

転換の時代に新聞広告を通して何を伝えられるのか。テーマを提供し、人々にそれについて考えるきっかけを作ることもまた新聞広告の特性です。

家庭に届くメディア

新聞は家族みんなで読まれるメディアです。新聞広告を起点に「伝える、考える、行動できる」、そんな家族をつなぐメディアです。ニュース性の高い話題の発信は、より読者に注目され、家族や親子の絆の大切さを見つめ直すきっかけとなります。

日ごろの新聞で目にする「おなじみ」の取り組みを活用

普段は読者のみなさんに代わってズケズケ質問する「なるほドリ」が広告では「なるほドリ博士」となってわかりやすく説明します。

新聞社の持つ「話題提供力」を利用

新聞の持つ「時事性」を利用し、社会へ問題提起します。
難しいテーマにも、あえて正面から取り組むことで読者の関心を引きつけます。

伝えたいことが伝わる「新聞の詳報性」を利用

関心の高いテーマから世の中の話題になっているテーマまで詳細情報を深く伝えられる新聞広告なら多くの読者の理解を得ることができます。

新聞はニュースメディア
社会と共有したい情報の発信により新聞広告そのものがニュースになります

社名変更、経営統合

企業や商品が持つ世界観を語りロイヤルティーを高める。
新聞広告の持つビジュアルの表現力はブランドイメージの形成に大きく役立ちます。

応援の声を届ける

話題のニュースに合わせて応援の声を届ける、応援メッセージを伝える。
新聞広告は多くの読者に幅広く声を届けることができます。

周年を迎えて

多くの読者は新聞を「ニュースを得る媒体」として能動的に見ています。節目のタイミングで企業が社会と共有したいメッセージの発信に新聞広告は効果的です。

きょうは何の日

新聞はその日の注目すべきニュースを広く報じるメディア。毎日発行される「連続性」と毎日見る「習慣性」が効果的に機能します。

企業メッセージ、社会性のあるメッセージを届ける
「読む」ことで伝わる、手紙を読むような感覚で接することができるのも新聞広告です

メッセージ

提案、提唱