「毎日ファッション大賞」とは

「毎日ファッション大賞」(主催: 毎日新聞社 後援: 経済産業省)は、毎日新聞創刊110年を記念して1982年に創設した表彰事業です。
本賞を通じて、ファッションに携わる人々の優れた業績を称えるとともに、新たな才能を発掘し、より充実したファッション情報の発信を続けることで、ファッション界のさらなる振興および文化の育成に貢献していきたいと考えています。

大 賞

年間を通じてファッションという文化活動のなかで最も優れた成果をあげた人(デザイナー、経営者、コーディネーター等)、企業、団体に与えられる。

新人賞・資生堂奨励賞

年間を通じて最も優れた創作活動をした新人デザイナーに与えられる。

※「新人」とは原則として、会社を設立(商品を発売)して5年以内、または、コレクションを始めて5年以内とする。

鯨岡阿美子賞

ファッション界にあって、長らくその発展に寄与し、功績のあった人(グループ)。テキスタイルデザイナー、ジャーナリスト、研究者、コーディネーターなど分野を問わない。ただし、ファッションデザイナーは含まない。
(故・鯨岡阿美子さんは、国際的なファッションジャーナリストとして活躍。第1~5回の毎日ファッション大賞選考委員長を務め、1988年に急逝。故人の功績を称え第8回(1990年)毎日ファッション大賞からこの賞を創設)

話題賞

年間を通じ、その活動が広くファッション文化に貢献し、同時に社会的インパクトを与えたと認められる人、企業、団体(分野を問わない)を対象とする。毎日新聞社が推薦し、 選考委員会で承認、決定する。

※年間とは前年6月~当年5月のこと

※「特別賞」を選考委員会で設けることができる。

※各賞は原則として1件、賞状・トロフィー(賞牌)を贈呈する。新人賞・資生堂奨励賞には、株式会社資生堂より奨励金100万円が贈られる。

trophy
Trophy Design・吉岡徳仁
Symbol mark Design・松永真

選考の方法

選考委員・推薦委員が事前に各賞の候補者(企業、団体を含む)をノミネート。選考委員会では、9人の選考委員が各候補のノミネート理由に基づき討議を行い、意見が分かれた場合は選考委員による投票を行った。話題賞は毎日新聞社が推薦し、選考委員の承認を得た。

選考委員

俣野敏道

俣野敏道

経済産業省
ファッション政策室長

太田伸之

太田伸之

MDコンサルタント/
日本ファッション・
ウィーク推進機構理事

呉佳子

呉佳子

資生堂
ファッション
ディレクター

児島幹規

児島幹規

「装苑」編集長

小湊千恵美

小湊千恵美

FASHIONSNAP.COM
ファッションディレクター

須藤玲子

須藤玲子

テキスタイルデザイナー/
東京造形大学名誉教授

宮田理江

宮田理江

ファッション
ジャーナリスト

村上要

村上要

WWDJAPAN編集長

前田浩智

前田浩智

毎日新聞社主筆

*順不同・敬称略

推薦委員

青木規子
(繊研新聞 編集局 本社編集部 記者)
蘆田裕史
(京都精華大学デザイン学部 准教授)
市川重人
(ダイセン株式会社 繊維ニュース 編集グループ 記者)
大石一男
(フォトグラファー/SUN デザイン研究所)
大田直輝
(サザビーリーグ・エストネーションカンパニー カンパニープレジデント)
久保雅裕
(一般社団法人東京ファッションデザイナー協議会 代表理事・議長/杉野服飾大学特任教授)
鈴木淳
(台東デザイナーズビレッジ村長)
高野公三子
(株式会社パルコ「ACROSS」編集委員/文化学園大学・昭和女子大学講師)
永森達昌
(株式会社アィベックス 代表取締役)
萩原輝美
(ファッションディレクター)
増田海治郎
(ファッションジャーナリスト)
南馬越一義
(ビームスディレクターズバンク シニアクリエイティブディレクター/江戸川大学 社会学部 経営社会学科 教授)
山下雅生
(株式会社エイガールズ 取締役会長/日本ニット工業組合連合会 副理事長)
山田敏夫
(ファクトリエ 代表)
山中健
(株式会社アパレルウェブ apparel-web.com編集長)

*順不同・敬称略

スケジュール

2023年5月12日(金)
部門別候補の推薦締め切り
2023年6月12日(月)
選考委員会 全9選考委員が出席
2023年8月28日(月)
毎日新聞紙上に発表社告を掲載
2023年9月12日(火)
毎日新聞朝刊に受賞者特集を掲載

40回記念特集